/

スーツケースから白骨遺体 遺棄事件で捜査、愛知

2日午後1時50分ごろ、愛知県西尾市鵜ケ池町の矢作古川ののり面で、草刈りをしていた作業員の男性(78)が「異臭がするスーツケースを見つけた」と西尾署に通報した。中から白骨化した遺体が見つかり、同署は死体遺棄事件として捜査を始めた。

同署によると、遺体の年齢や性別は不明で、スーツケースには鍵がかかっていた。スーツケースは土手上の車道から約10メートル下ののり面の草むらにあった。同署は身元の特定を急ぐとともに、詳しい状況を調べている。

現場は名鉄西尾線福地駅から東に約1.5キロの河川敷。周辺は住宅と田畑が混在する地域。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン