関西発「スポーツCAFE」

フォローする

アメフト・神戸大、今季充実 関西2強と再戦目指す

2019/10/6 3:00
保存
共有
印刷
その他

アメリカンフットボールの関西学生リーグで昨季5位の神戸大が旋風を巻き起こしている。昨季3位の関西大に11年ぶりに勝利し、関西学院大、立命館大の2強には敗れたものの、上位校との対戦を終え2勝2敗。関学大には金星まであと一歩に迫った。学生王者を決める甲子園ボウルの西日本代表校決定戦は、今季から門戸が広がり関西3位も出場。神戸大はその3位争いの本命に浮上している。

9月29日、王子スタジアム(神戸市灘区)のスタンドがざわめきに包まれた。神戸大が前半を終え、昨季の学生王者、関学大を8-7でリード。タッチラインに並ぶ関学大の選手たちにも、今季初めて味わう焦燥感に似た重い空気が漂っていた。

神戸大は第2クオーター(Q)に先制TDを許したが、すぐに反撃。絶妙なパントで関学大を自陣深くまで後退させた後、守備陣が相手QBをエンドゾーン内でつぶし、セーフティーで2点。さらに攻撃でもスペシャルプレーを繰り出す。QB是沢太朗が左後方のRB森分優人に投げ渡し、森分がWR品田快成に48ヤードのTDパスを決めた。

ボールを手にパスの標的を探す神戸大のQB是沢(中央)

ボールを手にパスの標的を探す神戸大のQB是沢(中央)

後半に入って攻勢に転じた関学大がQB奥野耕世のTDパスやFGで計10点を奪い再逆転。だが、神戸大はあきらめない。3回の攻撃で10ヤード進めない場合は通常、相手を後退させるパントを選択をするが、第4Qはパントを蹴らないギャンブルを2度も敢行。1度目は失敗したが、直後に守備陣がインターセプトで攻撃権を取り戻すと、次の攻撃でビッグプレーが出た。

QBサックで後退したものの第4ダウンのギャンブルで是沢からWR岡庭昌志に20ヤードのパスが成功。さらに直後、是沢から品田へ28ヤードのTDパスが決まった。キックも成功し、15-17の2点差に。残り時間は3分42秒。関学大は必死のランで時間を使い、なんとか逃げ切った。

「関学のランを止められれば……」。神戸大の選手の一言にキッカー、小林真大の出番をつくれなかった無念がにじむ。小林は9月7日の関大戦で40ヤード以上のFGを3本決めて勝利に貢献。関学大戦でも勝負を決める3点を狙い、ハーフタイムにFGの練習を繰り返していた。

9月21日の立命大戦は0-34と完敗したが、矢野川源ヘッドコーチは「引きずることなく、関学戦へ1週間準備してきたことを出せた」。持ち味は競り合いでの強さで「1プレーずつ完遂することにたけたチーム」と評する。リーグ戦は残り3試合。最終戦は11月10日の京都大との国立大対決だ。「全部勝てば立命、関学とまた戦える」と3位の先にあるもう一勝負を目標にしている。

(影井幹夫)

関西発「スポーツCAFE」をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

関西発「スポーツCAFE」 一覧

フォローする
田中はスピードやフェイントで相手守備網を打ち破ってきた

 ハンドボール界の傑物が新たな金字塔を打ち立てようとしている。日本リーグ女子、大阪ラヴィッツの45歳のベテラン、田中美音子が積み上げた得点は歴代トップの1598。前人未到の1600得点達成が間近だ。
  …続き (10/10)

多くの新戦力を迎えた神戸は2部リーグ優勝を目指す

 フットサルFリーグのデウソン神戸が13日に開幕する2部リーグ戦に向け、闘志をみなぎらせている。新たにリーグ特別指定選手らが加入し攻撃、守備ともにレベルが向上。念願の優勝と1部リーグ昇格を目指す。
 昨 …続き (9/12)

1部リーグ昇格を決め喜ぶ日本精工の選手ら(2019年10月)


 3月28日に予定されていた開幕が新型コロナウイルスの影響で延期されたソフトボール女子の日本リーグ。9月5日にようやく始まる今季のリーグ戦に並々ならぬ決意で臨むのが、3年ぶりに1部リーグで戦う日本精工 …続き (8/16)

ハイライト・スポーツ

[PR]