ナーブ、三菱地所などから6億円を調達

2019/10/2 18:18
保存
共有
印刷
その他

仮想現実(VR)技術を開発するスタートアップのナーブ(東京・千代田)は新生銀行グループ系のファンド、三菱地所東急不動産ホールディングスのイノベーションプログラムなどを引受先とする第三者割当増資を実施し、約6億円を調達した。

物件をバーチャル体験できる無人店舗型の「どこでもストア」を増やす

ナーブはVRを使った無人店舗型の内見サービス「どこでもストア」を全国の商業施設12カ所で展開している。住宅展示場のモデルハウスやマンションのモデルルームまで出かけることなく、VRで間取りなどを確認できる。

同社は今回調達した資金を活用し、今後1年間で50カ所に増やす計画。出資する不動産会社などと提携した事業展開も進める方針だ。

(斎宮孝太郎)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]