共同会派、試される初国会 追及テーマ擦り合わせ

2019/10/3 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

立憲民主党や国民民主党などの共同会派は4日召集の臨時国会で、発足後初の論戦に臨む。会派としての質問時間が長くなるのを受け、各党間でテーマを擦り合わせるなど連携を強める。憲法改正や消費税増税、関西電力を巡る問題に加え、小泉進次郎環境相ら新任閣僚も追及する構えだ。

国会は4日に安倍晋三首相が所信表明演説に臨む。7~9日に衆参で与野党が所信表明演説への代表質問をし、その後、予算委員会や各委員会での法案…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]