防衛関連が逆行高 世界大手ヘッジファンドが不吉な予測

2019/10/2 22:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北朝鮮がミサイルを発射したと伝わった2日の東京市場では、防衛産業の一角に買いが入った。だが短期投資家による一時的な物色と決めつけるのは早計かもしれない。世界最大のヘッジファンド、ブリッジウォーター・アソシエーツ創業者のレイ・ダリオ氏は主要国の対立激化などで「戦争リスクが高まっている」と警鐘を鳴らす。

日経平均株価が前日比0.5%安となるなか、防衛関連銘柄と位置づけられる石川製作所は0.8%高、細…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]