データ共有とまちづくり(5) 情報が支える安心・安全
筑波大学教授 川島宏一

やさしい経済学
コラム(経済・金融)
2019/10/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

多くの市民の目が、「まちづくり」に役立つことがあります。

道路に損傷箇所を見つけたとき、あなたはどうするでしょうか。事故発生などの危険性を考えれば、すぐに自治体に通報すべきです。損傷箇所の位置と写真を自治体に届ければ、事故を防ぐことができます。

道路損傷など身近な問題を簡単に自治体と共有できるウェブサイトやアプリを提供する自治体が増えつつあります。千葉市は「ちばレポ」という仕組みで、市民から情報…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]