中国5G「研究開発の資金力強み」、東大の森川教授

2019/10/2 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

次世代通信規格「5G」を活用する機運が世界的に高まるなか、中国の基地局敷設や技術力をどうみるべきか。無線技術が専門で、日本の5Gの技術要件策定に参画する東京大学大学院の森川博之教授に聞いた。

――世界で5Gの商用化が始まっています。

「米国や韓国でいち早く始まったが、基地局の配置や電波のチューニングなどが難しく、まだ調整段階にある。5Gは将来的にあらゆるモノがネットにつながる『IoT』を担う通信…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]