インドネシアで煙害続く 森林火災、周辺国にも被害
マレーシアで休校、シンガポールで大気汚染

2019/10/2 16:08
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ジャカルタ=鈴木淳】インドネシアで森林火災による煙害が続いている。スマトラ島やボルネオ(カリマンタン)島などで20万人超がのどの痛みなどの不調を訴えた。近隣諸国にも被害が広がる。毎年のように繰り返される煙害に、周辺国からは抜本的な対策を求める声が高まっている。

インドネシア環境・林業省によると、森林火災は8月ごろ本格化し、9月中旬からは異常気象もあって雨が降らず、火の勢いが強くなった。10月に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]