/

この記事は会員限定です

関東大震災での朝鮮人虐殺 慰霊から共生社会構築

[有料会員限定]

残暑の日差しが強く照りつけた9月7日の昼下がり。東京都墨田区八広、木根川橋下の荒川河川敷で「関東大震災96周年 韓国・朝鮮人犠牲者追悼式」が開かれた。

1923年9月1日に起きた大震災と迫り来る炎禍の中、日本による植民地支配下で職を求め、あるいは留学で日本に来ていた朝鮮人を襲ったのは、根拠のない流言飛語に端を発した虐殺だった。

「井戸に毒を入れた」「放火し、日本人を攻めてくる」。全てが事実無根だっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り904文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン