サモアに貨客船、25億円供与 首脳会談で合意

2019/10/2 19:00
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は2日、首相官邸でサモアのトゥイラエパ首相と会談し、サモアに貨客船を供与する計25億円の無償資金協力で合意した。島しょ国のサモアは唯一の貨客船が老朽化し、農水産物の輸出や旅客輸送の確保が課題になっている。北朝鮮による2日のミサイル発射を受け、北朝鮮の完全な非核化に向け緊密に連携することで一致した。

日本とサモアは5日、ラグビーのワールドカップ(W杯)で対戦する。安倍首相は「素晴らしい試合になることを確信している。両チームの健闘を心から祈りたい」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]