米国で人気のジャパニーズウイスキー、バブルの行方は? (グローバルViews)
シカゴ支局 野毛洋子

グローバルViews
コラム(国際)
2019/10/6 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国で「ジャパニーズウイスキー」が人気だ。需要に追い付かず品切れや品薄が相次いだことが高値を呼び、オークションではレア物のコレクションが100万ドル(約1億円)近い高値で取引された。ニューヨークのバーでは、サントリーの「山崎25年」のダブルショット(60ミリリットル)が500ドル前後だ。もはやバブルの様相を呈しているブームの背景を探った。

【関連記事】ニッカ、ウイスキー2割増産 30年にも原酒不足…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]