/

この記事は会員限定です

米国で人気のジャパニーズウイスキー、バブルの行方は?

(グローバルViews)

シカゴ支局 野毛洋子

[有料会員限定]

米国で「ジャパニーズウイスキー」が人気だ。需要に追い付かず品切れや品薄が相次いだことが高値を呼び、オークションではレア物のコレクションが100万ドル(約1億円)近い高値で取引された。ニューヨークのバーでは、サントリーの「山崎25年」のダブルショット(60ミリリットル)が500ドル前後だ。もはやバブルの様相を呈しているブームの背景を探った。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2515文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

グローバルViews

いま大きく揺れ動く、世界経済。 自分か。自国か。世界か。このコラムでは、世界各地の記者が現地で起きる出来事を詳しく解説し、世界情勢の動向や見通しを追う。 今後を考えるために、世界の“いま”を読み解くコラム。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン