かんぽ違反契約、二重徴収が8割 虚偽説明まん延
かんぽ中間報告 浮かぶ課題(上)

金融最前線
2019/10/2 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本郵政グループがかんぽ生命保険の不適切販売をめぐる調査の中間報告を公表した。2014~18年度に顧客に不利益を与えた疑いのある18万3千件を対象にした調査で4割弱しか完了していないが、事態の深刻さが浮き彫りになった。

かんぽは8月上旬から、契約時の説明に問題がなかったか調査するため18万3千件の全ての顧客15万6千人に電話をかけている。調査の指揮を執る東京・大崎の同社の品質改善室には、委託先の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]