/

原子力規制委員長「憤り」、金品受領問題で関電批判

原子力規制委員会の更田豊志委員長は2日の記者会見で、関西電力の役員らが福井県高浜町の元助役から金品を受領していた問題について「情けないというか憤りを感じた」と話した。事実関係が明らかになった後に、関電の経営陣から組織のあり方や改善策について話を聞く意向を示した。

更田委員長は2011年の東京電力福島第1原子力発電所事故に触れて「原子力に携わる全ての者が信頼回復に向けて努力をしている中で、まだそんなことがあるのか」と批判した。

役員らが金品を個人で保管して、なかなか返却できなかったことに関して、「個人として限界があるなら組織として事態の解決に動くべきだ」と関電の姿勢に疑問を呈した。そのうえで「現場で安全確保に携わっている人の士気(の低下)を心配している」との懸念を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン