子どもの自立支援に大賞 新聞協会、地域貢献活動で

2019/10/3 5:00
保存
共有
印刷
その他

日本新聞協会は2日、新聞販売所の地域活動をたたえる「地域貢献大賞」に、児童養護施設の子どもたちへの自立支援に取り組む山陽新聞豊野販売所(岡山県、石田誠司所長)の「子どもたちの成長サポートと地域活性化」を選んだ。

石田所長は1998年から、地元の児童養護施設・みのり園の子どもたちの自立支援やイベント企画を実施。社会人になる前に必要な資金を自ら確保しなければならない子どもたちのために新聞配達という雇用の場を提供している。

園職員や地域住民と夏祭りを立ち上げ、今では町内外から5千人以上が参加する。新聞協会は「顔と顔を突き合わせた心温まる関係性を築いており、地域に根を張った新聞販売所だからこそできる活動だ」と評価した。

また「地域貢献賞」には25件を決定した。11月21日、東京・内幸町で授賞式を開く。

地域貢献大賞は2007年、新聞販売所の地域貢献を広く知ってもらう目的で創設された。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]