景況感悪化する銀行に日銀の「冷視線」

日銀ウオッチ
コラム(経済・金融)
2019/10/3 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日銀が1日発表した9月の全国企業短期経済観測調査(短観)。米中貿易摩擦の泥沼化や消費増税の影響に注目が集まるなか、銀行の景況感がこの10年で最低の水準に沈んだ。低金利政策に伴う利ざやの縮小で地方銀行を中心に厳しい経営環境が続く。追加緩和観測が強まる日銀は副作用に目配りする姿勢を示すが、銀行に向ける視線には冷ややかさが目立つ。

「それほど極端に悪い水準とはいえないのではないか」。ある日銀幹部は銀行…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]