TVerで流れる動画広告の市場、民放5社などが共同開発

科学&新技術
BP速報
2019/10/2 16:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

ネット広告のフリークアウト(東京・港)は2019年9月30日、在京民放5社(日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビ)と提携し、民放公式テレビポータルサイト「TVer(ティーバー)」および各放送局が運営するキャッチアップサービスの視聴中に掲載される動画広告のマーケットプレイス「TVer PMP(Private Marketplace)」を共同で開発したと発表した。

同社が提供している媒体社向け広告配信プラットフォーム開発支援サービスである「Red for Publishers」 を用いて開発した。

広告主はこのTVer PMPに接続されたDSP(広告主側のプラットフォーム)を通じて、各放送局の在庫を横断して一括配信することが可能となる。今後、フリークアウトと在京民放5社は、国内外のDSPへ向けた提供を開始する。

在京民放5社が主体となって広告マーケットプレイスを運営し、各放送局が保有する広告在庫を互いに拠出するセールスを行うのは初めての試みという。

(日経 xTECH/日経ニューメディア 長谷川博)

[日経 xTECH 2019年10月1日掲載]

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]