ふるさと納税、"赤字"団体続出
返礼品競争の拡大で制度にゆがみ

経済
地域総合
2019/10/3 15:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2018年度実績を自治体ごとに分析すると、604団体(34%)が実質的に赤字だった(総務省のふるさと納税ポータルサイト)

2018年度実績を自治体ごとに分析すると、604団体(34%)が実質的に赤字だった(総務省のふるさと納税ポータルサイト)

ふるさと納税の2018年度実績が総務省から発表された。受け入れた寄付額とかかった経費、翌年度の住民税控除額を自治体ごとに集計したところ、604団体(34%)が実質的に赤字だった。地方交付税の交付団体であれば控除額の75%は補填されるが、それを加味しても全体の21%にあたる373団体は持ち出しの方が大きい。返礼品競争のエスカレートで制度のゆがみも拡大している。

【関連記事】 ふるさと納税 まだおかしい 返礼品より肝心なのは

返礼品を含め、募集に要した経費は高止まりしている。返礼品の調達費が受け入れ額に占める割合は35.4%で、前年度から3.1ポイント改善したものの、総務省が通知で要請していた「30%」は大きく上回ったまま。送付の費用やサイト利用料など事務にかかる費用を含めた合計では…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]