/

吉岡幸雄氏が死去 染色史家

吉岡 幸雄氏(よしおか・さちお=染色史家)9月30日、心筋梗塞のため死去、73歳。告別式は10月3日午前11時から京都市伏見区向島善阿弥町14の工房。喪主は妻、美津子さん。

伝統的な染色法による日本の色を探求し、2010年に菊池寛賞を受賞した。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン