トヨコー、船舶保守事業に参入 日本郵船などが出資

2019/10/2 11:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

レーザー関連技術や屋根の補修を手がけるトヨコー(静岡県富士市)が船舶のサビ取り事業に乗り出す。9月下旬に日本郵船などから出資を受け、業務提携した。船舶の長寿命化を支援し、購入してから使用が終わるまでのトータルライフコストの抑制につなげる。3年以内に技術を確立し、実用化を目指す。

トヨコーは日本郵船のほか、鈴与建設(静岡市)と山本光学(大阪府東大阪市)の出資と、静岡銀行の融資を受け、計8億1600…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]