/

この記事は会員限定です

トヨコー、船舶保守事業に参入 日本郵船などが出資

[有料会員限定]

レーザー関連技術や屋根の補修を手がけるトヨコー(静岡県富士市)が船舶のサビ取り事業に乗り出す。9月下旬に日本郵船などから出資を受け、業務提携した。船舶の長寿命化を支援し、購入してから使用が終わるまでのトータルライフコストの抑制につなげる。3年以内に技術を確立し、実用化を目指す。

トヨコーは日本郵船のほか、鈴与建設(静岡市)と山本光学(大阪府東大阪市)の出資と、静岡銀行の融資を受け、計8億1600万円を調達した。鈴...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り775文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン