寡黙な男が身も心も裸になるサウナ映画

文化往来
2019/10/2 18:00
保存
共有
印刷
その他

サウナ発祥の地といわれる北欧フィンランドで2010年に製作された映画「サウナのあるところ」が公開中だ。普段は寡黙な男たちが唯一心の内をさらけ出すことのできる場所、サウナ。そこに集う男たちの会話を収めただけの異色のドキュメンタリーだ。フィンランドと日本の外交関係の樹立100周年の節目を迎えた今年、満を持しての日本公開となった。

公衆電話を改修したサウナ
(C)2010 Oktober Oy.

公衆電話を改修したサウナ
(C)2010 Oktober Oy.

「ある公衆サウナでプライベートな会話を耳にしたとき映画のアイデアが浮かんだ。フィンランドの男たちにとって身も心も裸になれる場所がサウナなんだ。生まれてから死ぬまでについて語ってもらうことにした」とヨーナス・バリヘル監督は話す。共同監督のミカ・ホタカイネン氏と共にフィンランド中を旅して人選し、関係を築き、サウナの中にカメラを持ち込んで会話を収録していった。

キャンピングカー型サウナの入浴後にくつろぐ男たち
(C)2010 Oktober Oy.

キャンピングカー型サウナの入浴後にくつろぐ男たち
(C)2010 Oktober Oy.

子供が生まれた喜び、親からの虐待の記憶、過去に犯した罪、娘と離れ離れに暮らすことになったことへの悔恨、幼くして亡くなった子供への思い……。自宅備え付けのサウナから、公衆サウナ、廃棄自動車や電話ボックスを改修したサウナまで、年齢の異なる男たちが思い思いの場所で語る。不幸な過去が多いように感じられるが「心に響く内容かどうかが決め手だった」とミカ監督は語る。

ヨーナス・バリヘル監督(左)とミカ・ホタカイネン監督

ヨーナス・バリヘル監督(左)とミカ・ホタカイネン監督

「浮き雲」「白い花びら」で知られる同国の名匠アキ・カウリスマキ監督の作品から飛び出てきたように物静かな2監督だが「サウナに入るときは胸の内をさらけ出すことができる」と打ち明ける。初来日し日本のサウナにも入った。「とても気持ちよかったが、テレビがあるのには驚いた。しかもニュースが流れていた。日本人はリラックスできるのか心配になったよ」とヨーナス監督。横でミカ監督も真顔でうなずいた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]