/

アマゾン火災件数が減少 ブラジル、8月比35%減

【サンパウロ=共同】ブラジルのアマゾン地域で9月に発生した森林火災の数が約1万9900件で、前月と比べて約35%減少したことが1日、国立宇宙研究所(INPE)が公表した観測データで明らかになった。火災への対応の鈍さを国際的に批判された右翼ボルソナロ政権が8月下旬以降、消火のために軍を派遣したり野焼きを禁じたりしたことが奏功したとみられる。

消火のために軍を派遣したり野焼きを禁じたりしたことが奏功し、アマゾンの火災件数は減少(北部パラ州)

前年9月と比べても約20%減だった。今年8月は約3万900件で、2011年以降では同月として最多だった。9月の焼失面積はまだ公表されていないが、1~8月の間に計約4万3500平方キロと九州の面積に匹敵する森林が焼失した。

森林火災は違法な伐採や焼き畑などが原因で起きることが多いとされる。今年の件数が増加した理由は不明だが、1月に就任したボルソナロ大統領がアマゾン地域の開発に意欲を示し、熱帯雨林保護に後ろ向きな姿勢を示していることが影響したとの見方も強く、国際的な非難が巻き起こった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン