/

長女「言い争う声聞いた」 茨城の殺傷事件

茨城県境町の住宅で会社員の小林光則さん(48)と妻のパート従業員、美和さん(50)が殺害され、子ども2人が重軽傷を負った事件で、無事だった大学3年の長女(21)が「言い争う声のようなものを聞いたが、怖くて部屋から出られなかった」という趣旨の話をしていることが2日、捜査関係者への取材で分かった。

捜査関係者によると、美和さんからの110番は「何者かが侵入してきた」という趣旨の訴えから始まっていたことも判明。境署捜査本部は、犯人が美和さんと面識がない人物だった可能性が高いとみている。

110番があったのは、9月23日午前0時40分ごろ。捜査関係者によると、「助けて」「痛い、痛い」など数分間に及ぶやりとりの後で電話が切れた。内容から、犯人が2階の夫婦の寝室に侵入した時には、すでに通報を始めていたことがうかがえるといい、捜査本部は通話記録の解析を進めている。

犯人は無施錠だった1階窓から侵入、夫婦の寝室がある2階に直接向かったとみられる。夫婦は寝室で首や胸などを刺されて死亡、中学1年の長男(13)と小学6年の次女(11)も2階の子ども部屋で襲われ重軽傷を負った。

1階の部屋で寝ていた長女は、言い争うような声で起きたと話しているといい、捜査本部は犯人が長女の存在に気付かなかった可能性もあるとみて、詳しい状況を調べている。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン