スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

ウォルシュ、男子400準決勝へ 日本歴代4位の好タイム

2019/10/2 7:50
保存
共有
印刷
その他

男子400メートルで準決勝に進出したウォルシュ(手前)=山本博文撮影

男子400メートルで準決勝に進出したウォルシュ(手前)=山本博文撮影

【ドーハ=渡辺岳史】陸上の世界選手権第5日は1日、ドーハで行われ、男子400メートル予選でウォルシュ・ジュリアン(富士通)が日本歴代4位の45秒14で2組2着となり、2日(日本時間3日未明)の準決勝に進んだ。日本人の母を持つ優勝候補のマイケル・ノーマン(米国)も45秒00の4組1着で順当に突破した。

【関連記事】走り高跳び・戸辺、消化不良の予選落ち

自己ベストを0秒07更新したウォルシュは「気持ちよく走れた」と汗を拭った。ただ、こうも付け加える。「感覚的には44秒台が出たかなと。まだ壁は高かった」。日本記録(44秒78)を持つ高野進しかいない44秒台の壁を越えられず、喜びもやや控えめだ。

持ちタイムは2組の7選手中6番目だった。「(最後を)流せる記録は持っていない」と、大外で後半も懸命に脚を回した。直線に入る手前で左隣の選手に先行されたが、「余力があったのであまり気にしていなかった」。終盤までスピードを保って力強く抜き返した。

この種目で準決勝進出は日本勢では3大会ぶり。「もう少し最初にスピードに乗れば、もっといい記録が出る」と意気込んでいた。

準決勝に進出し、声援にこたえるウォルシュ=山本博文撮影

準決勝に進出し、声援にこたえるウォルシュ=山本博文撮影

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
インタビューに答えるJOCの山下会長

 24日で東京五輪開幕まで半年。各競技で徐々に代表が決定し、選手にとっても本番への準備が本格化してくる。昨年6月、日本オリンピック委員会(JOC)会長に就任した山下泰裕氏はどのように自国開催の五輪を成 …続き (1/24)

 24日で東京五輪の開幕まで半年となった。各競技で代表に内定する選手が少しずつ出る中、多くの競技で春までに選考レースが佳境を迎える。自国開催の晴れ舞台を目指し、有力選手たちがラストスパートをかける。
…続き (1/24)

ガーナ出身の父、日本人の母を持つ岡沢

 近年国内外の統括団体で問題が露呈し、東京五輪に向けてマイナスイメージを負ったボクシングだが、日本勢は精鋭ぞろいだ。中でもエース格なのが初出場だった昨年の世界選手権で8強入りし、メダルにあと一歩と迫っ …続き (1/23)

ハイライト・スポーツ

[PR]