NYダウ343ドル安、1カ月ぶり安値 ISM製造業指数が悪化

2019/10/2 5:08 (2019/10/2 5:38更新)
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=古江敦子】1日の米株式相場は反落した。ダウ工業株30種平均は前日比343ドル79セント(1.3%)安の2万6573ドル04セントと1カ月ぶりの安値で終えた。1日発表された米サプライマネジメント協会(ISM)の9月の製造業景況感指数が10年3カ月ぶりの低水準となり、米景気後退への懸念から売りが膨らんだ。資本財など景気敏感株をはじめ幅広い銘柄が下落した。

朝方は米中貿易交渉の進展期待から買いが先行し、ダウ平均は一時129ドル高を付けた。だが、午前10時にISM指数が発表されると下げに転じた。同指数は前月比1.3ポイント低下の47.8と2009年6月以来の低水準となり、好不況の境目となる50を2カ月連続で割り込んだ。市場予想(50.1)も下回り、投資家心理が悪化した。

市場では「世界景気の減速が米景気に悪影響を及ぼし始めた」(ウィンダム・ファイナンシャル・サービスのポール・メンデルソーン氏)との声が多く聞かれた。工業製品・事務用品のスリーエム(3M)や建機のキャタピラーなど、資本財株が軒並み売られた。化学のダウや石油のエクソンモービルの下げも目立った。米長期債利回りが低下し、利ざや縮小の思惑からJPモルガン・チェースなど金融株も安い。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は前日比90.653ポイント(1.1%)安の7908.685と9月1日以来の低水準で終えた。アップルは新型「iPhone11」の販売期待から買いが先行したが、伸び悩んで終えた。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]