米ネット証券最大手シュワブ、株取引の手数料を無料に

2019/10/2 1:10
保存
共有
印刷
その他

チャールズ・シュワブは株式のほかETF、オプションの取引手数料を7日から無料にする=AP

チャールズ・シュワブは株式のほかETF、オプションの取引手数料を7日から無料にする=AP

【NQNニューヨーク=張間正義】米ネット証券最大手のチャールズ・シュワブは1日、米国株などの取引手数料を7日から無料にすると発表した。株式のほか上場投資信託(ETF)、オプションが対象。同社は現在、いずれも取引1回当たり4.95ドルの手数料を受け取っている。

【関連記事】 米証券界「株売買料ゼロ」時代へ 再編観測も

9月26日にはインタラクティブ・ブローカーズ・グループも米国株などの取引手数料を無料にすると発表したばかり。米ネット証券の顧客争奪戦は一段と激しくなる見通しだ。

チャールズ・シュワブのウォルト・ベティンガー最高経営責任者(CEO)は「これが我々の価格だ。販売促進や客寄せが目的ではない。どんな投資家にとっても手数料が投資の壁になってはいけない」と述べた。

ただ収益悪化への懸念から、1日の米株式市場で同社株は一時、前日比12%安の36ドル92セントまで売られた。手数料引き下げ競争が激化するとの見方から米同業のTDアメリトレード・ホールディングは26%安、Eトレード・ファイナンシャルは20%安を付ける場面があった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]