10%が問う日本・識者に聞く(吉川洋氏/小黒一正氏)

2019/10/1 23:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

消費税率が1日から10%に上がった。税収の増加分は少子高齢化で膨らむ社会保障費用の財源の一部に充当される。5年半ぶりの消費増税をどう評価すればよいのか。今後の国民負担や社会保障給付の課題は何か。識者に聞いた。

立正大学学長 吉川洋氏 「景気の議論に偏りすぎ」

軽減税率やキャッシュレス決済のポイント還元制度に教育無償化など政府が様々な手を打ったのは景気の落ち込みを避けたいからだ。しかし今回の対策はや…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]