米大型SCの憂鬱 遠のく客足、逃げるマネー

2019/10/1 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

破綻したフォーエバー21はショッピングセンターに積極的に出店していた(米ペンシルベニア州)=ロイター

破綻したフォーエバー21はショッピングセンターに積極的に出店していた(米ペンシルベニア州)=ロイター

米国の消費をけん引してきたショッピングセンター(SC)の苦境が鮮明になってきた。ネット通販に押され、カジュアル衣料の米フォーエバー21が経営破綻したように、SCを支えてきたテナントの小売店などの集客力が低下。SCの2割が閉鎖するとの予測がある。米国の商業不動産の価格指数をみると、ネット通販を支える物流施設が上昇する一方でSCが下落するなど、投資マネーも逃げつつある。

【関連記事】 「廃虚モール」米で急増 ネット勢に敗れ4分の1消滅へ

■テナント破綻、全米SC2割閉鎖の予測

米ペンシルベニア州のピッツバーグ郊外。地元では約40年の歴史を持った大型SCが、いまやみる影もない。米国では郊外のSCが「デッドモール」などと呼ばれ、治安などの観点から問題になることもある。

不動産サービス会社のJLLによると、米国のSCの総面積は2018年1~3月をピークに減少に転じ、その傾向が続く。郊外の大型店を中心に閉鎖が増えたことが響く。クレディ・スイスは、全米のSCの20~25%が閉鎖すると予測する。

米国では1980年代から…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]