道内の有効求人倍率が増加、8月は1・22倍

2019/10/1 20:27
保存
共有
印刷
その他

北海道労働局が1日発表した8月の道内の有効求人倍率は1.22倍で、前年同月と比べ0.04ポイント増えた。運輸・郵便業やサービス業などで人手不足感が強まった。労働局は道内の雇用情勢について「改善が進んでいる」とした。

新規求人数は2%減の3万1737人だった。業種別では運輸・郵便業が8%増えた。夏場の繁忙期で旅客運送や水産関連で増加が目立った。製造業や医療・福祉も求人数が膨らんだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]