[社説]日本郵政の経営陣は求心力を保てるのか

2019/10/1 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本郵政グループの保険販売をめぐる不祥事は「民営郵政」への評価を著しく損なった。

公表された中間調査報告によると、傘下のかんぽ生命保険と日本郵便を舞台にした不適切販売の懸念がある契約は、調査対象の過去5年間で6300件に達した。

顧客に虚偽の説明をした保険業法違反や、営業成績をかさ上げするため不要な契約を結ばせた社内ルール違反など「顧客本位」の原則を軽んじた営業姿勢が広く露見した。調査はなお継続…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]