送電線問題 再エネに壁 小売り、東電参入で正念場
難路歩む東北電(下)

2019/10/1 18:32
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「(送電線の)空き容量がないことを裏付ける合理的根拠がない」。9月9日、秋田県の再生可能エネルギー事業者が東北電力を相手取った訴訟の第1回口頭弁論が仙台地裁で開かれ、原告側弁護団は語気を強めた。事業者は空き容量を確保するための工事負担金の増額分を不服とし、東北電へ返還を求める。

原告側弁護団は「空き容量を算定する際に電力側が想定する送電線を流れる電気の量は、実態とは大きくかけ離れている」とし、「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]