/

この記事は会員限定です

政投銀、後継者不在の企業を買収 業界大手と共同出資会社で

[有料会員限定]

日本政策投資銀行は中小企業の事業承継が難しくなっている問題に対応し、新たな取り組みを始める。技術力を持ちながら後継者が見つからない企業を、政投銀と大手企業でつくる共同出資会社で買収する。将来の売却を前提とせずに、長期の事業継続を訴えて幅広い企業の受け皿となる狙い。第1弾として包装機メーカーを買収する。

日本の包装技術は世界的に高い水準を持つ。例えば、ポテトチップスなどの日本製菓子の袋は海外製と比べ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り968文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン