四国の小売り、消費税10% ポイント還元周知に課題

2019/10/1 18:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

消費税率が1日から10%に引き上げられ、四国の小売店が消費喚起の動きを強めている。飲食料品などを8%で据え置く軽減税率が導入されたが、消費者の財布のひもは固くなるとみて、各企業はキャッシュレス決済によるポイント還元事業も生かして消費を掘り起こす。駆け込み需要からの反動減が懸念される百貨店ではインバウンド(訪日外国人)の来店を促して影響を和らげる。

高知のスーパー、サニーマート(高知市)の店舗に、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]