自民人事、要所分け合い 細田・麻生・二階派で

2019/10/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

内閣改造にあわせた自民党幹部人事が1日、固まった。党務全般を仕切る二階俊博幹事長を支える幹事長室や最高意思決定機関の総務会など要所ポストをみると、安倍晋三首相(党総裁)の出身派閥である細田派、麻生派と二階派で分け合った。主要派閥でバランスをとって政権の安定を保つ構図が浮かび上がる。

鈴木俊一総務会長は1日の党総務会で、会長代行に細田派の事務総長である松野博一氏をあてる人事を決めた。総務会は国会発…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]