台湾、電動スクーター乱戦 新星ゴゴロに最大手挑戦

アジアBiz
2019/10/1 18:07
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

電動スクーターの普及が進む台湾で、企業間競争が本格化する。2015年に参入したベンチャーの新星、Gogoro(ゴゴロ)がほぼ一社で普及をけん引してきたが、スクーターで台湾最大手の光陽工業(キムコ)が電池交換インフラを備えた電動車を打ち出し、ゴゴロに追いつこうと本腰を入れ始めた。業界は一人勝ちから群雄割拠の新たな局面に移りそうだ。

コンビニの前や公園、ガソリンスタンドの敷地内……。台北市内では至る…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]