/

この記事は会員限定です

精神疾患の原因をゲノムで探求 遺伝の専門家育成急務

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

統合失調症や自閉症などの精神疾患の原因を、ゲノム(全遺伝情報)を調べて追究する研究が進む。精神疾患は症状をもとに診断することが多く、根本的な治療薬も無い。病気につながるゲノムの変化を研究すれば、診断の精度向上や治療薬開発につながる。名古屋大学の尾崎紀夫教授に、研究の現状と課題を聞いた。

――精神疾患の診断と治療について教えてください。

「うつ病や統合失調症などは抑うつや幻想、妄想といった症状の種類...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1076文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン