環境・社会貢献を比較、世界企業が挑む「ESG会計」

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
環境エネ・素材
朝鮮半島
ヨーロッパ
北米
2019/10/9 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

欧州化学最大手の独BASF、自動車部品世界最大手の独ボッシュなど欧米韓の世界的企業8社が2022年にも、環境、社会への影響を企業間で比較できるようにした新たな会計基準を導入する。8月にNPO「バリュー・バランシング・アライアンス(VBA)」を設立し、大手監査法人4社も協力して枠組み作りを急ぐ。潮流となっている「ESG投資」に対応したもので、世界に広がる可能性もある。VBAのクリスチャン・ヘラー最…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]