/

この記事は会員限定です

日揮HD、環境関連事業で2000億円目指す

[有料会員限定]

日揮ホールディングス(HD)は環境関連の事業を強化する。1日に環境技術を生かした事業創出を担う部門を新設、プラスチックごみ(廃プラ)を化学原料として再利用するプラントの販売などを本格展開する。国内外で顧客を開拓し、環境関連事業の売上高を2030年に2千億円規模に育てる。

日揮HDは10月1日に持ち株会社制に移行した。傘下に国内事業を担う日揮や海外事業を担う日揮グローバルがぶら下がる体制となる。環境関連ビジネスを統括す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り203文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン