富山駅南・北の路面電車 20年3月21日に接続 運賃210円

2019/10/1 16:58
保存
共有
印刷
その他

JR富山駅の南側と北側を走る路面電車が接続する日が2020年3月21日に決まった。運行は富山地方鉄道(富山市)が担当し、運賃は一律210円とする。駅の北側には北前船の寄港地だった岩瀬地区や住宅街、南側は百貨店がある中心市街地や富山大学がある。南北の接続により住民や観光客らの往来が増え、地域経済の活性化につながると期待されている。

富山駅の南北をそれぞれ走る路面電車が20年3月21日に接続する(JR富山駅南側を走る電車)

1日、富山市の森雅志市長や富山地鉄の辻川徹社長らが記者会見し、表明した。接続に先立つ20年2月22日に駅の北側の運行を担当していた第三セクターの富山ライトレール(同)は富山地鉄に吸収合併される。接続後の全長は約15キロ。

富山地鉄は年間530万人、富山ライトレールは200万人の利用者がある。接続により約1割にあたる73万人前後が南北をまたいで乗車するとみている。運賃は消費増税にあわせて1日付で値上げした210円に据え置く。

路面電車の南北接続は森市長が進めてきたコンパクトシティ政策の柱の一つ。南側の中心市街地にある小売店や外食店は北側からの顧客の流入を期待している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]