/

大雨被害の長崎道、来年秋に完全復旧へ

西日本高速道路は1日、8月の記録的大雨で被災した長崎自動車道の武雄北方インターチェンジ(IC)―嬉野IC間の一部区間について、2020年秋をめどに上下線2車線の計4車線通行を再開すると発表した。

長崎道では武雄ジャンクション付近で地滑りが発生したため、応急復旧を進めた上で9月10日から上下線2キロ区間の片側1車線の対面通行が続いていた。今後、道路横ののり面に鉄筋を挿入するなどの復旧工事を進めるとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン