経済・技術安保の体制強化 外務省が組織改編

2019/10/1 17:00
保存
共有
印刷
その他

外務省は1日、総合外交政策局の組織見直しを発表した。安全保障政策課の下にある宇宙・サイバー政策室を改編し、サイバー防衛や海外への技術流出への対策に特化した「新安全保障課題政策室」を設ける。米中のハイテク摩擦の激化などを踏まえ、経済分野の安全保障体制を強化する。宇宙分野は海上安全保障政策室に統合し「宇宙・海洋安全保障政策室」と改める。

自衛隊の国連平和維持活動(PKO)派遣などを担当してきた国際平和協力室は「国際平和・安全保障協力室」に変更する。計約50人の3室の人員規模は維持する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]