長老が存在感、建国70周年式典に江沢民氏ら

習政権
2019/10/1 15:57 (2019/10/1 20:29更新)
保存
共有
印刷
その他

【北京=原田逸策】中国の1日の建国70周年の記念式典には、江沢民(ジアン・ズォーミン)元国家主席や胡錦濤(フー・ジンタオ)元国家主席ら共産党の長老も出席して存在感を示した。

1日、中国中央テレビが放映した、中国建国70年の記念式典に出席する(左から)胡錦濤前国家主席、習近平国家主席、江沢民元国家主席(共同)

江氏は93歳と高齢だが、1日は天安門楼上に登り、習近平(シー・ジンピン)国家主席の左隣に並んだ。江氏は7月末の李鵬元首相の告別式にも参列しており、健在ぶりを改めて示した。

胡氏は習氏の右隣に並び、習氏らと時折、言葉を交わしていた。欄干に手をつきつつも、観覧時は起立する時間が長かった。李氏の葬儀を欠席したため動向が注目されていた。温家宝元首相も参加したが、朱鎔基元首相の姿は見えなかった。

ただ、江氏、胡氏ともに衰えは隠せなかった。2人とも約40分間に及んだ軍事パレードの大半で席を外していた。江氏は観覧中もほとんど着席したままで、式典終了時には習氏が語りかけ、右手を差し出して椅子から立つのを手助けする場面があった。胡氏も国家主席の在任中は黒々とした頭髪がトレードマークだったが、髪に白いものが目立った。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]