/

この記事は会員限定です

多すぎる薬 高齢者の服薬は連携管理で

不調の引き金、かかりつけ薬剤師活用

[有料会員限定]

転倒や物忘れなど高齢期に多い症状が、多数の薬の併用で引き起こされているケースがある。加齢とともに複数の病院にかかり、それぞれ処方されると、服薬の全体状況がつかめない。病院、薬局、患者の連携が必要だ。

「痛み止めの薬をやめたら、症状が一気に改善した」。こう語るのは奈良県に住む女性(69)だ。頭痛や胃が痛む症状が出て、胃カメラなどの検査を受けたが原因は不明。それでも胃薬を処方され、不安になって奈良県三...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1678文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン