風雲急を告げる米政局(十字路)

2019/10/4 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ワシントンの若い議会関係者は昔の資料で弾劾手続きのにわか勉強に忙しい。それもそのはず、前回の大統領の弾劾は20年も前のことである。

ロシア疑惑の調査が雲散霧消しつつあった8月半ば。米中央情報局(CIA)の職員が、トランプ大統領と外国高官の電話での会話が国家安全保障に問題あり、として内部告発を決意したとされる。大統領官邸や司法当局者が対応に手間取る間にメディアにリークされ明るみに出た。

トランプ大…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]