/

天王寺動物園、赤ちゃんアシカ無事保護 下水管で

 園内の下水管で発見、保護されたアシカの雌「キュッキュ」(1日午前、天王寺動物園提供)=共同

天王寺動物園(大阪市天王寺区)は1日、9月27日から行方が分からなくなっていた、生後3カ月のカリフォルニアアシカの雌「キュッキュ」を園内の下水管で発見し保護したと発表した。元気でぐったりした様子はなく、園が健康状態を調べている。

天王寺動物園によると、1日朝、アシカを展示するプールの近くの地下から、飼育員らがキュッキュのものとみられる鳴き声を聞いた。午前10時10分ごろ、マンホールの中にいるのを発見し、直径約60センチの下水管から引き上げた。

牧慎一郎園長は「本当にほっとした。スタッフもキュッキュもあきらめずに頑張ってくれた。動物の生命力はすごい」と話した。

キュッキュが最後に目撃されたのは9月26日午後4時ごろ。その約1時間半後、飼育員がプールの排水溝(直径約30センチ)をふさぐカバーが外れているのに気づいたが、頭数を確認していなかった。27日午前11時ごろ、キュッキュがいないことが分かり園内外の下水管を中心に捜索していた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン