景気、粘り腰の内需に増税の影 9月の日銀短観

2019/10/1 12:46
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日銀が1日発表した9月の全国企業短期経済観測調査(短観)では企業の設備投資計画が堅調で、内需主導の緩やかな景気の拡大基調がなお崩れていない様子を示した。ただ駆け込み需要の反動減を見込む自動車や消費の冷え込みを警戒する小売りなど、1日の消費増税後の景気を不安視する企業心理もちらつく。海外経済の先行き不透明感が強まり、内需の粘り腰が試される局面が続く。

2019年度の全規模全産業の設備投資計画は前年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]