/

この記事は会員限定です

金融庁、投信併合を推進

[有料会員限定]

金融庁が2019事務年度の行政方針に投資信託の併合推進を明記したことで、実質的な解禁以来10年以上にわたり例がない投信併合の実現に向けた機運が高まっている。投信併合は、小規模な投信が多すぎるという日本の投信市場の問題点の改善策の一つとなる。水面下で進められている1号案件の成否が、今後の鍵を握りそうだ。

投信併合は、07年に現在の信託法が施行されたことで、法的根拠が与えられた。14年の法改正では基本的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り849文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン