JR東日本「えきねっと」 一時切符発券トラブル

2019/10/1 7:44 (2019/10/1 12:52更新)
保存
共有
印刷
その他

「えきねっと」で予約した切符が発券できないトラブルを伝える掲示(1日午前、JR東京駅)

「えきねっと」で予約した切符が発券できないトラブルを伝える掲示(1日午前、JR東京駅)

JR東日本は1日、同社のインターネット予約サイト「えきねっと」で予約した切符が同日早朝から駅の券売機で発券できなくなるトラブルがあったと発表した。システム更新に伴うソフトウエアの不具合が原因で、消費増税とは関係ないという。同社は窓口で発券の対応をしていたが、同日午後0時20分に全面復旧した。

おわびが掲示された「えきねっと」のホームページ

おわびが掲示された「えきねっと」のホームページ

同社によると、同社は消費増税や定期的な情報更新などに対応するため、9月30日午後11時半ごろからすべての指定席券売機の稼働を停止し、システム改修を実施。1日午前5時半に各駅でシステムを再起動したところ、券売機での発券ができなくなったという。

えきねっとは同社管内の新幹線や特急の指定席券をインターネットで予約し、駅の指定席券売機や窓口で受け取れるサービス。現在の会員数は約1180万人。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]