北朝鮮の国連大使、米との協議「進展わずか」

2019/10/1 1:54
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=大島有美子】北朝鮮の金星国連大使が9月30日、国連総会の一般討論演説に登壇した。「主権が極悪非道に侵されるなか、平和と安全は自国の強大な力をもってこそ達成できる」と述べ、自国の施策を正当化した。米国との協議に関しては「今のところわずかの進展しか見られない」と述べた。

一般討論演説に立つ北朝鮮の金星国連大使(30日、ニューヨークの国連本部)=国連提供

「朝鮮半島は緊張が高まる悪意のある循環から抜けだせていない」とし、その原因は「完全に米国の北朝鮮に対する敵対的政策によるものだ」と主張した。米朝交渉については改めて「窓が開くか、危機を高まらせるかは米国の出方にかかっている」と強調した。

韓国については「世界に対して平和の握手を演出しながら、裏で米国と一緒に最新兵器を使って軍事演習をしている。二重外交だ」と批判した。日本に関する言及はなかった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]