日本郵船、外航船自動運航を世界初実験

2019/10/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本郵船は9月30日、外航船では世界で初めてとなる自動運航の実験に成功したと発表した。自動車専用船を使い、沖縄県の与那国島~高知県の足摺岬、名古屋~横浜の2航路で、システムが自動で針路を決定して運航した。7割が人的ミスとされる船の衝突事故防止や船員の労働時間削減に、将来的に役立てる。

今回の実験では、日本郵船グループの日本海洋科学(川崎市)が開発した衝突回避システムを初めて使用した。他船の位置を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]